祝儀袋の書き方についてみていきましょう。

結婚式に出席をする場合には、ご祝儀を払うというのが常識になっています。通常祝儀袋というものにお金を入れて、受付で渡すのが常識になっています。祝儀袋には、いろいろなマナーがありますから、覚えておきましょう。祝儀袋には、結びきりがほどけないような水引を使っているものを選ぶようにしましょう。また水引の色についてですが、白黒のモノを使うのはNGです。注意しましょう。結びきりというのは、「一度きりに仕様」という意味合いがあります。ですから、簡単にほどけるようなものだと逆に縁起が悪いということになってしまうわけです。祝儀袋についてですが、ただ豪華であればそれでいい、というわけではありません。祝儀袋が豪華、でも中身の金額はしょぼいというのは逆に失礼にあたります。ですから、自分が包むつもりの金額に見合うレベルの祝儀袋を用意するように心がけましょう。祝儀袋には、あなたの名前を書き入れることになります。通常祝儀袋には、毛筆や筆ペン、もしくはサインペンを使って記入をするのが常識になっています。一般的に、ボールペンや万年筆は使いませんので、注意しましょう。中には連名で祝儀を渡すこともあるかもしれません。その場合には、中央に代表者の名前を書いて、左に向かってそのほかの名前を書くというのがマナーになっています。しかしもし4人を超える人が連名で祝儀を渡す場合には、代表者の名前を中央に書き、左側に「他一同」ということで、名前を記入する必要はありません。中袋には、金額を記入する欄があります。一昔前までは「壱」とか「参」といった漢字を使用するのがルールになっていましたが、簡単な漢数字で記入をしてもいまでは別に問題はなくなってきています。祝儀袋を包むときには、包み方のマナーがあることも忘れないようにしましょう。下側を上にかぶせる形で、袋を重ねるようにしてください。これは、点に喜びがむくという意味合いがあります。逆に包み方をすると、弔事になってしまって、失礼にあたります。注意しましょう。