祝儀袋の渡し方についてみていきましょう。

祝儀を渡すのは、一番最初に結婚式場に行ったときに受付のところで渡すことになると思われます。受付に立っている人に「おめでとうございます」といったお祝いの言葉を述べた後に、祝儀を渡すのが一般的とされています。ちなみに、祝儀は両手で相手に渡すのがマナーとされていますので、覚えておくといいかもしれません。できれば、祝儀を取り出すときには、スーツの内ポケットやカバンから取り出すのは、控えたほうがいいでしょう。儀礼用の包み袋として、袱紗というものがあります。この袱紗の中に祝儀袋を入れておき、そこから取り出すのが、きれいな祝儀の渡し方とされています。しかし若い人の中には、袱紗を手元にもっていないという人もいるかもしれません。社会人ともなると、付き合いで、結婚式に出席をする機会も多くなるだろうと考えられています。ですから、袱紗を購入するのもいいかもしれません。しかし袱紗を購入するのはちゅうちょするという場合には、親などに相談をしてみましょう。親が袱紗を持っている可能性もありますので、それを借りて結婚式に出席をすれば、出費の必要がなくなります。また風呂敷があれば、風呂敷に祝儀袋を包んでしまっても、マナー違反には当たりません。ただし現実を見てみると、必ずしも袱紗に包まないといけないとは限らなくなってきているようです。特に若い人が祝儀を渡す際には、かばんの中やぽ手っと、さらには手に持って渡そうとする人も多くなってきているといいます。ですから、祝儀の渡し方も、厳格なルールというわけではなくなっているかもしれません。しかし結婚式に出席をする人の中には、年配の人もいるかもしれませんから、袱紗や風呂敷を用意できるのであれば、用意をしたほうがいいでしょう。

結婚式場 日本橋の人気のサイトならこちらがお勧め
http://www.centraldeldeporte.com/tokyo/0431/

桜の花を使ってキレイに
http://www.provedor-gratuito-de-hosting.com