祝儀の相場についてみていきましょう。

結婚式に出席をする際に、祝儀を渡すのは常識です。しかしここで問題になってくる点として、一体いくら祝儀として包めばいいのかという問題が出てきます。もちろん、祝儀というのはお金ではなく、気持ちというのが前提としてあります。ですから、別にいくらでないといけないというルールはありません。しかしあまりにほかの人よりも祝儀の額が少なかったりすると、新郎と新婦にどう思われるかわかりませんし、自分自身も肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。もしいくら包んでいこうか迷っているというのであれば、祝儀の相場というものがあります。この相場を参考にして、いくらにするか、決めるといいでしょう。もし親戚、いとこが結婚をするときには、20代であれば3万円程度でいいでしょう。30代や40代で出席をする場合には、3万もしくは5万円程度包むのが相場とされています。知人や友人が結婚式を挙げる場合や会社の同僚が結婚をあげる場合でも、以上の金額を包んでいくのが相場になっています。部下の結婚式に出席をする場合には、30代までであれば2〜3万円程度包んでいけばいいでしょう。40代以降で結婚式に出席をする場合には、3万円が相場になっているようです。通常3万円が、祝儀の相場になっています。これは、披露宴で出される料理の代金と引き出物の代金を加えた額プラス1万円程度という計算になります。つまり多少新郎や新婦の利益になるような計算となっているわけです。

浅草(東京)で挙げる結婚式|ONE & ONLY -wedding-
http://www.chuanqinews.com/tokyo/0613/