結婚祝いについてみていきましょう。

友人や知人が結婚をするということもあるかもしれません。このときに、結婚式に出席をする場合には、祝儀を渡すことになろうかと思います。しかし親しい仲にあれば、祝儀とは別に結婚祝いを何かプレゼントしてあげるといいでしょう。お金だけでなくて、何ま形に残る品物をプレゼントしてあげるといいでしょう。結婚祝いをあげるタイミングですが、できれば結婚について友人から報告を受けてからはやめに渡すようにしましょう。できれば、手渡しをするのがいいです。しかしもし遠くにいる友人の場合には、郵送してしまっても問題はありません。できれば、結婚式の1週間くらい前までには渡すことができるように、準備をしておきましょう。結婚式で会うからということで、結婚式に持参をするつもりの人もいるかもしれません。しかしこれでは、新郎と新婦があなたの荷物を持っていかないといけなくなり、負担を強いることになりますので、控えるべきです。結婚式に招待をされなかったという場合には、結婚式前に品物が届くと、当てつけのように思われてしまうかもしれません。結婚式の後に、結婚祝いを贈るのがスマートです。ちなみに祝儀と結婚祝いの両方を渡す場合には、両方でいくらというふうに計算をしてもかまいません。友人で祝儀の相場は3万円となっています。ですから、もし1万円相当の結婚祝いを渡した場合には、祝儀は2万円程度でもかまわないということになります。せっかく結婚祝いを出す以上、新郎と新婦に喜んでもらいたいでしょう。ですから、それとなく、新郎と新婦が何を必要としているか、聞いてみるといいでしょう。そして相手にいわれたものを渡すといいでしょう。また共通の友人などとお金を出し合って一つのものをプレゼントするのもいいでしょう。そうすると、結構高価なものをプレゼントとして贈ることもできるかもしれません。

注目サイト
http://ooy.jp/

最近では、公式サイトよりも富士急ハイランドのmixiをよく見るようになりました。