結婚式だけの出席についてみていきましょう。

最近の結婚式では、結婚式の後に披露宴をセットで行うというのが主流になっています。しかし新郎や新婦の都合によっては、結婚式だけをあげて、披露宴は別日というケースもあるかもしれません。この場合、結婚式だけに出席をして、披露宴には出席をしないという人も出てくるでしょう。結婚式だけに出席をする人は、別に祝儀を渡す必要はいとされています。しかし祝儀を渡してはならないというわけでもありません。お祝いしたい気持ちがあれば、祝儀を渡しても問題はありません。新郎や新婦とのつながりの深さによって判断をするといいでしょう。もし結婚式だけに出席をして、祝儀を渡す場合には、1万円ぐらいが相場になっていると思ってください。通常祝儀は、披露宴の料理代と引き出物費用プラス5000〜1万円というのが相場になっています。ですから、披露宴に出席をしない以上、最後の5000〜1万円程度を支払えば十分ということになってしまいます。中には「もっと綿さにといけないのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし下手に多額の祝儀を渡してしまうと、新郎と新婦から「こちらがおもてなしをしていないのに、申し訳ない」というふうに思われてしまうかもしれません。変に気を使わせないためにも、リーズナブルな祝儀を渡すように心がけましょう。