欠席する場合についてみていきましょう。

結婚式に招待されたとします。しかし残念ながら、その日にたまたまスケジュールが入ってしまって、結婚式に出席をすることができないというケースも出てくるかもしれません。この場合、問題になってくることとして、祝儀を渡すべきなのかどうかということが出てくるでしょう。もし結婚式に事前に欠席することを伝えている場合には、祝儀を渡す義務はありません。別にそのままにしておいても、マナー違反というわけではありません。しかし一般的な流れとして、結婚式に呼ばれたこともありますし、めでたい席ですから、祝儀を少しばかり渡すのが常識になっています。祝儀についてですが、実際に出席をしている人が渡すほどの額を出す必要はありません。披露宴で食事をしているわけでもなければ、引き出物をもらっているわけでもありません。ですから、祝儀の相場の半分程度の額を渡せば、欠席する人の祝儀としては十分ということができるでしょう。また別に現金でないといけないというルールもありません。上で紹介をした相場の額に相当をするようなプレゼントを結婚祝いとしてあげるという方法もあります。また心ばかりの現金とプレゼントを組み合わせてあげるという方法もあります。状況に応じて、あげるものを検討してみるといいでしょう。祝儀というのは、いくらではなく、あくまでも気持ちが重要です。ですから、自分の祝福したいという気持ちが、いかにしたら伝えることができるかということを念頭に置いて渡し方を考えましょう。また結婚をあげる友人が、遠くに住んでいる場合には、祝儀を郵送しても問題はありません。このときは、現金書留の中に祝儀袋を入れて、郵送したとしても、別に不自然ではありません。

エンジェル
http://www.angelclub.jp/