招待されなかった場合についてみていきましょう。

知り合いではあるけれども、結婚式に招待されないという可能性もあります。新郎と新婦の招待客のバランスもあるでしょうし、ごく内輪で結婚式を挙げたいという意向を持っていることもあるかもしれません。別に結婚式に招待されなかったとしても、お祝いの気持ちを込めて、祝儀を渡すということもあってもかまいません。招待されていないケースで祝儀を渡す場合には、祝儀に相場の半分を目安にするといいでしょう。ですから、1〜2万円程度の祝儀を渡すように心がけましょう。下手に高額の祝儀を渡すと、新郎や新婦に変に気を使わせてしまうことになるかもしれません。中には、2次会だけ出席をするというケースもあるでしょう。2次会に出席をするときに、祝儀を渡すのもいいかもしれません。しかしできれば、結婚式の前に渡すようにするのがスマートです。現金書留などを使って渡すといいでしょう。別に招待されていない場合には、祝儀を渡さないといけないというわけではありません。しかし少なくても祝電などを送ってあげて、お祝いの意思表示をすることは重要でしょう。電報は、NTTに専用のダイヤルがあって、そこで手続きをすれば、簡単に送ることができるようになっています。

最近では、公式サイトよりもこどもちゃれんじのmixiをよく見るようになりました。

「挙式 仙台」を探すならここにおまかせ
http://www.fiercefrontiers.com/miyagi/0834/