夫婦で出席する場合についてみていきましょう。

結婚式に出席をするときに、夫婦そろって出席をすることもあるでしょう。たとえば、親せきが結婚をする場合、あなたが既婚者であれば、夫婦そろって結婚式に出席をすることもあるでしょう。もし夫婦で出席をする場合には、祝儀の渡し方についてもルールがありますので、覚えておきましょう。夫婦で結婚式に出席をする場合には、夫婦別々に祝儀を渡すのではなく、夫婦でひと組にして祝儀を渡すのがマナーになっていますので、覚えておきましょう。しかしもし夫婦の合算で祝儀を渡すとなると、一つ問題になってくる点があります。それは、祝儀の額についてです。知人や友人、親せきの結婚式に出席をする場合、一人頭3万円というのが相場になっています。もし夫婦で渡すということになれば、3万円の2人分、つまり6万円を渡すということになります。実は、偶数というのは割れるので、結婚式での祝儀としては縁起が悪いということで、タブーになっています。しかし相場以上のお金を渡すのは、経済的な事情から、抵抗があるという人もいるでしょう。そこで、少し工夫をしてみましょう。つまり、お札の数を奇数にすれば、2棟分をすることができなくなります。たとえば、1万円札を5枚用意し、5000円札を2枚用意すれば、お札が7枚となり、きれいに分けることができなくなります。もしくは、祝儀として夫婦で5万円を渡します。そして結婚祝いという形で、1万円分のプレゼントをすれば、結果的には6万円分のプレゼントをしていることになるのです。

ベストブライダル
http://www.bestbridal.co.jp