遠方からの出席についてみていきましょう。

友人の中には、遠くに住んでいる人もいるかもしれません。もともと地方の生まれで、就職や大学入学を機に上京するとなると、遠くに友人がいるということも、当たり前になってくるでしょう。この場合、地方の友人が結婚をするということになれば、結婚式に出席をするために、遠路はるばる地元などに戻るということもあるかもしれません。たとえば、移動をするために飛行機や新幹線を利用すれば、交通費もそれなりにかかってきます。また日帰りすることができるような場所にあればいいですが、一拍をしないといけないケースも出てくるかもしれません。すると、ホテル代も負担をしないといけないというケースも出てくるかもしれません。プラスして、結婚式に出席をするとなると、祝儀の負担もかかってきます。ですから、祝儀に相場の額をそのまま支払うということになると、かなり懐が痛むかもしれません。もし交通費や宿泊費がそれなりにかかる場合には、もしかすると新郎と新婦のほうで配慮をしてくれるかもしれません。たとえば、新郎と新婦のほうで、ホテルの部屋をとってくれて、宿泊費を負担してくれるという場合もあるでしょう。もしくは、移動費や宿泊費の一部を新郎や新婦が負担をしてくれるケースもあるかもしれません。必ずとは言いませんが、遠いあなたに出席を依頼するということは、それなりの用意をしていると推測することができます。ですから、もし遠方の結婚式に出席をする場合でも、いわゆる相場通りの祝儀を渡したほうがいいでしょう。もしも上のように、宿泊費や移動費の一部を負担してくれた場合には、そのお金の額分の結婚祝いを渡してあげると、今後も円滑な友人関係をはぐくむことができるのではないでしょうか?

Journée du Serment
http://www.all-about-soul.com/tokyo/0028/

都城(宮崎)で挙げる結婚式|ONE & ONLY -wedding-
http://www.chuanqinews.com/miyazaki/0760/