ドタキャンの場合についてみていきましょう。

結婚式を知人があげることになって、招待状に「出席」と書いて返送をしたとします。しかしその後やむにやまれぬスケジュールが急に入って、欠席をせざるを得なくなるという事態もあるかもしれません。仕事を持っている人は、急に仕事の依頼が入ることもあるでしょう。このようなドタキャンをすることになった場合には、祝儀を渡すのがマナーになっています。というのも、新郎や新婦は、招待状の出欠の意思確認を見たうえで、披露宴の座席表や料理をどれくらいの数用意するかということを決めていくと思われます。引き出物についても、出席するといっている人の分を用意することになるでしょう。もし出席するといって、その後キャンセルをするということになれば、新郎や新婦は、あなたのために用意した料理や引き出物をキャンセルしないといけなくなってしまいます。ということは、新郎や新婦が、あなたの分のキャンセル料を負担している可能性があります。そこで、そのキャンセル料の穴埋めということで、祝儀を渡す必要があるわけです。キャンセル料の穴埋めという側面がある一方で、お祝いの気持ちを表すという意味合いも含まれてきます。

「結婚式場 高田馬場」を知りたい方にはここがオススメ
http://www.chuanqinews.com/tokyo/0624/

ピックアップサイト
http://www.all-about-soul.com/tokyo/0048/